« 第50期王位戦第1局 | トップページ | 第50期王位戦第2局 »

2009-07-18

第80期棋聖戦第5局

初タイトルにあと一勝というところにいる木村八段だが、同時挑戦中の王位戦は先勝した。数字上は棋聖王位と一気に二冠のチャンスがある。
羽生棋聖は土壇場に(も)滅法強い。果たして最終局、勝利の女神はどちらに微笑むのだろうか。

木村先手の本局は横歩取り系の将棋となった。飛車の位置を巡って面白い駆け引きがあったが、そこはスルーして下図。先手は2七に歩を打たされており、しかも壁銀。これは先手にとってマイナスポイントだ。
後手が狙いの一つである7四の地点での歩交換で△7四飛としたところ。次の手は当然の反撃。

後手:羽生善治棋聖
後手の持駒:角 歩三 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v金v玉 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v金v銀 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v桂 ・v歩|三
| ・ ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|六
| 歩 ・ 桂 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ 金 銀 ・|八
| 香 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:木村一基八段
先手の持駒:角 歩二 
【手数=38 △7四同飛 まで】

ここから▲8三角△7五飛▲7六歩△7一飛▲6五角成△7三銀▲8五歩△3一玉▲8四歩△8二歩と進んだ。
先手は馬を作ることに成功したが、後手にしてみれば許容範囲だという。△7三銀までは前例があるらしく▲8五歩が木村が準備していた一手だったようだ。前例は▲8五桂とのこと。
馬を作って△8二歩と謝らせても、まだ後手持ちの形勢というのが控え室の見解。

先手は▲3六歩から壁銀を活用したいが、局面にその余裕はない。7筋からの反撃が防ぎにくく、それ以上のスピードで局面をリードしなければいけない状況なのだ。
図は▲8三馬としたところ。部分的には後手が困っているが、鮮やかな一手があった。

後手:羽生善治棋聖
後手の持駒:角 桂 歩四 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 圭 ・ ・ ・ ・v金 ・v玉v香|一
| ・ 歩v飛 ・ ・ ・v金v銀 ・|二
|v歩 馬v銀v歩v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 ・ 金 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ 玉 ・ 金 銀 ・|八
| 香 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:木村一基八段
先手の持駒:香 歩 
【手数=71 ▲8三馬 まで】

ここから△7四角▲7二馬△5六角▲4八金△6五桂▲5六歩△8九飛と進んだ。
7四角が狙いの一手。飛車の取り合いは角の丸損になるが、先手は飛車に弱すぎる。相対的に後手は玉が2一と深い位置にいる。

残念ながら本局は木村の良い面が全く出ず、羽生の完勝。2連敗の出だしだったが、防衛に成功した。

本局も梅田望夫氏によるWeb観戦記「梅田望夫最終局観戦記」は棋聖戦中継 plusで楽しめる。今回はコンピュータ将棋の話題を絡めた構成となっている。
GPS将棋が△7四角を予想していたということで、コンピュータ将棋の進化ぶりが伺える。Web観戦記では避けては通れないx-dayにも触れている。奇しくも本局は「先手が局所的には随分ポイントを稼いでいるが、総合的には後手有利」という将棋だった。大局観を論理的に翻訳することの難しさに関して改めて思いを馳せながら、観戦記を楽しんだ。

今日の第一回のエントリーで『私個人はと言えば、「コンピュータが進歩に進歩を続けて人間のプロの最高峰に挑みながら、紙一重のところで人間が勝つ」ということが相当長く続く未来の戦いを見てみたいと思う。』と書いたが、私は、私が見たい未来を、見ることができる、と確信した。相当先までx-dayは来ないのではないかと、私は強く思った。人間の能力の深淵を垣間見た一日だった。

と結んでいるが、共感できる。

---
棋聖戦へ棋戦ウォッチへT'sトップへ

« 第50期王位戦第1局 | トップページ | 第50期王位戦第2局 »

将棋」カテゴリの記事

棋聖戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第80期棋聖戦第5局:

« 第50期王位戦第1局 | トップページ | 第50期王位戦第2局 »

ブログパーツ

  • 名人戦・順位戦スケジュール
  • 最近読んだ本
    最近読んだ本