« 2009年11月の読書メーター | トップページ | インフルエンザはパンデミックなのか »

2009-12-11

女流名人位戦3者プレーオフ

- 対局者:岩根忍女流二段●vs○里見香奈倉敷藤花
- 棋戦名:第36期女流名人位戦A級プレーオフ第2戦(Web中継)
- 対局日:2009/12/10

今期の女流名人位戦A級リーグ戦の結果でまず驚くのは、降級者である。なんと矢内女王と中井女流六段が降級の憂き目に合っている。格が違う両名なので1期でA級に戻ってくるのは確実だろうが、意外な結果だ。
挑戦者争いの方は、岩根女流二段、千葉女流三段、里見倉敷藤花が7勝2敗でこの3者によるプレーオフとなった。順位の関係でまず岩根千葉戦が行われ、この一戦は岩根の勝ち。

というわけで、岩根と里見の間で清水女流名人への挑戦権を賭けた一戦が行われることになった。
振り飛車党同士の対戦ということもあって戦型は相振り飛車になった。図は相三間飛車から先手が▲7四歩△同歩▲同飛としたところ。ここから後手里見が工夫を見せた。

後手:里見香奈倉敷藤花
後手の持駒:歩 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v角 ・|二
|v歩v歩 ・v歩v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 飛 ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ 銀 ・ ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:岩根忍女流二段
先手の持駒:歩 
【手数=15 ▲7四同飛 まで】

ここから△5五角▲7五飛△8二角▲6五歩△4四歩▲7六飛△3六歩▲4六歩△3七歩成▲同銀△3六歩▲4八銀と進んだ。

△5五角から角を右辺に転回した。角の媚びんで敵陣を睨み倒すのが狙いだ。ちょっと評価が難しい手だが、自玉を囲い憎くするデメリットもあり、うまく行かない感じがする。
先手の対応だが、まず▲7五飛に違和感がある。後手の角は右辺に行くに決まっているので、全力で▲4七金型を目指すのが最優先だと思う。こんなところで貴重な一手を費やしている場合ではないはずだ。

媚びん狙いの攻めを先手は咎めることができず、先手陣は崩壊した。しかし後手も寄せきるまでには至らず下図。3九の成桂に違和感がある。つまり桂馬の使い方に失敗している(△4七桂は悪手だろう)。
後手は堅いが大駒で狙われているため、手がつくと早そうだ。

後手:里見香奈倉敷藤花
後手の持駒:金 銀 歩三 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v玉 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金v銀v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩 ・v歩 桂 ・v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 角 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 角 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ 歩 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ 歩v龍 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 金 ・v圭 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:岩根忍女流二段
先手の持駒:なし
【手数=85 ▲5三桂 まで】

ここから△同銀▲同角成△6二金打▲4二銀△同金▲同馬△5一銀▲同馬△同玉▲6二角成△同玉▲4三金△7三金と進んだ。
△同銀▲同角成に△6二金打はさすがの粘りだが、何か決め手があっても不思議ではない局面だ。二枚の角を切って▲4三金だが△7三金と柔らかく受けて先手の攻めも一段落か。

双方違和感のある手が多かったが、最後は里見が寄せきった。
岩根には残念な結果となったが、奨励会で鍛えた筋の良さは女流のうちでもNo1だろう。総合力でも女流トップに互している。
成長著しい里見が女流名人位戦初登場。相手は強敵清水三冠だが、勝機は十分あると思う。

« 2009年11月の読書メーター | トップページ | インフルエンザはパンデミックなのか »

女流棋戦」カテゴリの記事

相振り飛車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女流名人位戦3者プレーオフ:

« 2009年11月の読書メーター | トップページ | インフルエンザはパンデミックなのか »

ブログパーツ

  • 名人戦・順位戦スケジュール
  • 最近読んだ本
    最近読んだ本